既製品タクティカルギア改造・補修

既製品タクティカルギア改造・補修

販売価格: 2,490円~29,990円(税込)

オプションにより価格が変わる場合もあります。

オリジナル製品は在庫切れ品の受注生産、細部のカスタム、他の色での製造、一からのオーダーメイドなど対応可能です。
以下に納期や受注条件や対応可能な色など記載しておりますので、ご確認ください。
https://bickyikeda.militaryblog.jp/e1070458.html

キャンプ・ビッキーのオリジナル製品部門では既製品のナイロン製タクティカルギアのカスタムや修理も対応しております。
内容によっては対応不能な場合もありますが、お気軽にご相談ください。


1〜2枚目の写真はレプリカのレンジャー仕様SPEAR BALCSボディアーマーベストのウェビング配置を特殊部隊仕様SPEAR BALCSボディアーマーベストの仕様に改造したときのものです。
こちらは糸以外にこちらで素材を用意しないで良い改造ではありましたが、作業量の多い案件でしたので、11,990円頂きました。


3〜4枚目の写真はイーグル製と思われるホルスターを改造して、AWS製とされている1980年代〜1990年代のコルト1911用ホルスター型に改造したときのものです。
3枚目の写真上側に移っているバックルやイーグル製ホルスターから取り外されたコルトガバメント用ピストルマガジンポーチなどホルスター以外のパーツも提供されました。
こちらはパーツ追加だけでなく、形状の改造も必要だったので、9,990円頂きました。


5〜6枚目の写真は英軍S10用のDPM迷彩ガスマスクバッグをダンプポーチに改造したものです。
改造ベースのガスマスクポーチは提供して頂きましたが、生地が厚く作業量が多かったこともあり、7,990円頂きました。
なお、改造ベースにしたのと同じガスマスクポーチは当方に在庫有りなので、当方の在庫を改造する場合は8,990円で作成可能です。


7〜8枚目の写真はシェルバック・TAG製のバンシーライフルプレートキャリアのフロントパネルのフロントフラップ部分を改造したものです。
フロントフラップの形状を変更し、とフロントパネル内側下部にグローインアーマー取り付け用ウェビングを追加して、6,990円頂きました。
写真ではポーチやグローインアーマーを取り付けていますが、これは当方で追加したものではありません。


9枚目の写真はパーツ欠損のBFG(ブルーフォースギア)製を補修したものです。
取り付けた欠損パーツもご用意頂き、2,990円頂きました。


10枚目の写真はLBT-9011Aスモークグレネードポーチにパーツを追加して、LBT-9027Aスモークグレネードポーチ仕様に改造したものです。
改造に使用した鳩目やバックルなどのパーツもご用意頂き、1個あたり2,490円頂きました。


11〜12枚目の写真はT.G. FAUST製NATO Special Forceボディアーマーを補修したものです。
エラスティックカマーバンドの交換、フロントパネル胸部のホルスターパネル取り付け用ループの追加、バックパネルの破れ補修、バックパネル上部のバックパック用バックルの追加、バックパネル下部のウェビング追加で、補修のために分解も必要でしたので、29,990円頂きました。
破れの補修に使う生地と背面下部に取り付けたウェビング以外のパーツはご用意頂きました。


13〜14枚目の写真はS.O. Tech製BLOCS Gen3タイプのメーカー不明ポーチの欠損パーツを追加したものです。ポーチ2個への側面のエラスティックの追加、ポーチ3個への側面のベルクロタブ追加、ポーチ2個へのショックコードとタブ追加で合計14,970円頂きました。使用パーツは全てこちらで用意したものです。


13〜14枚目の写真はKombat UK製のP83型アサルトベストの左胸マガジンポーチに徽章用ベルクロを追加し、裾の大型ユーティリティポーチをバックル開閉式に改造したものです。合計5,980円頂きました。


作業量や必要な素材の量によって改造や修理にかかる費用は変わって参りますので、詳細と共にお問い合わせください。
既製品タクティカルギア改造・補修

販売価格: 2,490円~29,990円(税込)

オプションにより価格が変わる場合もあります。