米軍ミステリーランチSATLブリッジャーアサルトパック初期型コヨーテLARGE

米軍ミステリーランチSATLブリッジャーアサルトパック初期型コヨーテLARGE

販売価格: 49,990円(税込)

在庫わずか
数量:
アメリカ軍実物のMysteryranch製実物のSATLブリッジャーアサルトパック(SATL Bridger Assault Pack)です。
色はメーカー側の呼称としてはコヨーテ(Coyote)で、イーグルやLBT製品のCB(Coyote Brown コヨーテブラウン)のような色合いとなっております。
BVSシステム(Bolster Ventilation and Stability system)とウエストベルトにより、ボディアーマー着用時にも安定して背負うことが可能な作りです。
背中側はフレームが内蔵されているほか、メッシュ生地とクッション性の高い生地で作られており、通気性とフィッティング製が優れています。
両側面と底にはカーゴストラップとポーチ取り付け用のMOLLE式ウェビング付きです。
内側には無線機用のポケットと小ポケット2つが付いています。
表面にはジッパー開閉式ポケットが2つ付いた作りです。
6枚目の写真のようにフラップ(蓋)にもジッパー開閉式ポケットで、7枚目の写真のように必要に応じてフラップは取り外すこともできます。
両側面下部にはウォーターボトルポケットがあり、このポケットとカーゴストラップを使用して、ライフルやエントリーツールなどの大型の装備品を傾向することも可能です。
両側面のカーゴストラップの間隔は同社製のサイドポケットの取り付けに適した間隔となっております。
カーゴストラップの長さ調整用のプラパーツは不意にカーゴストラップがずれないようにロック機能が付いた作りです。
フラップ表面には徽章用ベルクロが付いています。
ウェストベルトは使用しない際には折りたたんでおくことができる作りです。
両側面と上部にキャリングストラップが付いています。
表面のポケットの間の部分にジッパーが付いており、7枚目の写真のようにそこをあけることで、フラップを開けずに中身を出し入れすることも可能です。
ショルダーストラップにはチェストストラップも付いています。

2006年にSATLはSOCOM(Special Operations Command 特殊作戦司令部)に採用され、それ以降現在まで米軍の様々な特殊部隊で使用例が見られます。
こちらは初期の製造品で、現行品と背中側のBVSシステムの構造が違う作りです。
現行品のBVSシステムは着脱可能ですが、こちらのタイプでは固定式となっております。


表記サイズ:L(背面長約43〜61cm・ウエスト約89cm〜102cm向け。フレームのサイズなので、パック本体のサイズは全サイズ共通です)
内容量:約57L
実寸サイズ:72cm x 33cm x 33cmですが、多少の誤差はご了承ください。
NSN:8465-01-557-1570
コントラクトNo:W911QY-07-D-0012
状態:中古。米軍実物放出品。フラップに文字の書き込みがあります。章の使用感や汚れはありますが、目立つダメージや汚れはなく、状態は良いです。
備考:他のMystery Ranch製品と同様に定価は大変高額です。
米軍ミステリーランチSATLブリッジャーアサルトパック初期型コヨーテLARGE

販売価格: 49,990円(税込)

在庫わずか
数量: